スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のお魚紹介 FILE#001

Chromis dimidiata / Klunzinger 1871
英名:インディアン・ハーフ&ハーフ・クロミス

HarfH_cro1.jpg


ディミディアータクロミスの名称で入手。

近似種にパシフィック・ハーフ&ハーフ・クロミス(Chromis iomelas / Jordan & Seale, 1906)というのがいるが、どこがどう違うのかよくわからない。

本種の特徴は何と言っても、からだのほぼ中央、腹びれのつけね付近から黒と白色に配色が前方と後方とで綺麗に分かれるところにある。

白と黒のコントラストが色鮮やかなリーフアクアリウムの中で逆に異彩の美しさを醸しだし非常に目立つ。
 
飼いこむと尾びれの先端が二またに分裂しフィラメントを形成するので実に美しい。

性格は同属のスズメダイに対しても、しつこく追い回すようなことはない、複数飼いはしたことがないので同種間で勃発する攻撃性についても不明である。

尾びれ付け根あたりから白くなるシコクスズメダイ(Chromis margaritifer/Fowler 1946)は比較的ペット市場に流通するが本種は、あまり流通しないように感じる。

以前、HVテレビ番組でインドネシアサンゴ礁の番組で本種を知って、早速、ネットで販売していないか探したが皆無だった記憶がある。 あるときB-BOXさんのオンラインショップに入荷してきたので、あわてて購入した。

HarfH_cro2.jpg

HarfH_cro3.jpg



コメント

非公開コメント

プロフィール

Marcy432

Author:Marcy432
 リーフアクアリウム歴十数年になります。
サンゴの飼育技術は日進月歩なこともあり、まだまだ模索中であります。
 海外旅行に行ったとき、現地の水族館に行くのを楽しみにしています。動画や画像も紹介していきたいと思います。

個人的なブログですのでネットのルールは別として、個人的に不愉快と感じたコメントには対応、公開しない場合がありますので、事前にご了承ください。

最新記事
最新コメント
Twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

Tree-Comment
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。