スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリプがフサフサ系ミドリイシ Fuzzy Acropora

今まで載せていないものでポリプがフサフサ系のミドリイシを選抜してみました。




Acropora abrolhosensis


 国内ではAcropora pulchra(オトメミドリイシ)として流通することが多いですが、私は本種はAcropora abrolhosensisだと思っています。 Acropora pulchraでgoogle検索して画像を一覧表示してみるとわかりますが、明らかに別種です。
アブロホエンシスは沖縄など国内に生息域が分布していますが残念ながら和名がありません。
 
Acropora abrolhosensis GREEN
グリーンのタイプはシンプルですが先端のポリプが薄い透明感のある蛍光グリーンでなかなか綺麗です。



Acropora abrolhosensis GREEN & BLUE
左:ブルータイプ 右:グリーンタイプ




Acropora horrida(ヤセミドリイシ)ブルー・タイプ 

ヤセミドリイシ・青系で入手しましたが、ホリダとは少し違うように感じてます。。。
かれこれ二年目になり、だいぶ成長しました。
ベースがエメラルドグリーンの先端薄パープルでピグメンションが蛍光グリーンのトリカラー枝系です。

Acropora horrida BLUE





Acropora sp.

ID不明種
ORA社のBellina Acroporaというタイプに近いと思う。
ゴルフボール・サイズのブリーディングで入手したがだいぶテニスボールより大きくなりました。
これも水槽に入れて二年半くらいかな

Acropora sp. ORA

コメント

非公開コメント

こんにちは、お久しぶりです。
相変わらずお見事な色合いのサンゴですね♪
ため息とヨダレしか出ません(笑)
長期飼育の秘訣は何ですか?

Re: タイトルなし

タナカ様

お久しぶりです。

まだまだ飼育は試行錯誤中ですが、いくつか気をつけていることしては下記の内容くらいです。
・新しいサンゴを入れるときは必ずトリートメントする。(Coral RX使用)
・カルシウム濃度、マグネシウム濃度、Khを安定させる。
(ファウナマリンBallingシステム使用、補助で動かしていたCaリアクタは完全に止めました)
・アミノ酸を定期的に与える
・可能な限り、レイアウトをいじらない、水槽に手を入れない(ストレスを与えない)
・二週間に一度15%ほど換水

あとはオルフェック・アトランティカのおかげです!本当に素晴らしいLEDです。
サンゴがアトランティカの光に慣らしが終わると成長、発色ともに素晴らしいです。
以前使っていたメタハラ MT250(コーラルグロー)と比較しても違いは歴然です。
プロフィール

Marcy432

Author:Marcy432
 リーフアクアリウム歴十数年になります。
サンゴの飼育技術は日進月歩なこともあり、まだまだ模索中であります。
 海外旅行に行ったとき、現地の水族館に行くのを楽しみにしています。動画や画像も紹介していきたいと思います。

個人的なブログですのでネットのルールは別として、個人的に不愉快と感じたコメントには対応、公開しない場合がありますので、事前にご了承ください。

最新記事
最新コメント
Twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

Tree-Comment
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。