スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルシウムリアクタの交換

Vertex RX6D Calcium Reactor

先月、プロティーンスキマーを米国から個人輸入して問題無く行ったので、調子にのって第二弾を決行しました。

円高ということもあり他にも色々と取り寄せましたが、一番の大物はVertexのカルシウムリアクタです。


Vertex RX6D Calcium Reactor (価格469.99 USD) です。

一番、上位機機種を導入しましたが、他にもVertex RX4、Vertex RX6というラインナップがあります。

私は器材マニアなため、新しいものが出るとついつい欲しくなり買ってしまうので困ったものです。

この度、導入したカルシウムリアクタもKnop→Precision Marine →SNM→Vertexと4代目です。

どれも、これといって不満があったわけでは無いのですがあえて理由を探すならば衝動買いです。。。

とはいっても比較的最近発売されたものなので新しいアイディアが盛り込まれています。

3連メディアチャンバーとCo2拡散チャンバーを装備しています。

モーターは半中空状態ですが下部を支えるように振動吸収ゴムが配置されています。

排水バルブはダイヤル式で微調整がしやすくなっています。

それから、CO2バブルカウンターもひと工夫されています。

簡単なマニュアルが付属しており配管図はありましたが、組立手順などは載っていないのでネット上にある完成品の

写真を観ながら組み立てました。

vertex_Ca05.jpg


モーターとメインメディアチャンバを繋ぐパイプの組立方法に多少悩みましたが、正解の組み合わせ以外では、長さ

があわずパイプが連結出来ませんので、まぁ間違えることも無いと思います。

メディア交換時がしやすいように別途購入した止水コックを一々付けたので、見た目がよろしくなくなってしまいま

したが運用重視ということで。

さて、メディアチャンバにはそれぞれ下記のようなメディアを投入しました。

サードチャンバーは取説にリン酸吸着材用と書かれていましたので、そのまま従ってみました。

メインチャンバー:カルシウムメディア ( Grotech pro 1000g )

セカンドチャンバー:マグネシウムメディア ( PRS Pure Mag 25g X 2=50g )

サードチャンバー:リン酸吸着材

アクリルの材質は高級感があって気に入っています。

Vertex RX6D CaReactor1

Vertex RX6D CaReactor2

Vertex RX6D CaReactor3

Vertex RX6D CaReactor4



コメント

非公開コメント

プロフィール

Marcy432

Author:Marcy432
 リーフアクアリウム歴十数年になります。
サンゴの飼育技術は日進月歩なこともあり、まだまだ模索中であります。
 海外旅行に行ったとき、現地の水族館に行くのを楽しみにしています。動画や画像も紹介していきたいと思います。

個人的なブログですのでネットのルールは別として、個人的に不愉快と感じたコメントには対応、公開しない場合がありますので、事前にご了承ください。

最新記事
最新コメント
Twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

Tree-Comment
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。