スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰日サンゴ水槽

陰日サンゴ水槽

 昨今、あまり人気のない陰日サンゴの飼育ですが、私が海水魚をはじめたての13年前は陰日サンゴ水槽を展示してあるショップがいくつかありました。

その中でも鮮明に記憶しているのは名古屋のCEPPOさんの陰日サンゴ水槽でした。
オーナーが昼間から満開のキサンゴにスポイトで餌を与えながら「躾ければ答えてくれるサンゴですょ」というコメントは非常に新鮮でした。

キサンゴを何個か買い求め躾けに挑戦しましたが、新しいご主人様の未熟な調教には見向きもしてくれませんでした。
ポリプが開かなければだだのオレンジ色の石! じき躾けるのを諦めてしまいました。

過去に大失敗をした陰日ですが、TAKAさんのブログで米国カリフォルニア州ロングビーチ水族館の陰日サンゴ展示水槽の動画リンクを見てから陰日サンゴ飼育へのモチベーションがメラメラと再熱してきました。

陰日サンゴ手間がかかって面倒なのはわかっていますが、新規水槽立ち上げの計画を練りました。
とは言っても完全な陰日サンゴ水槽ではありませんが・・

水槽サイズを90センチにするか60センチにするか悩みましたが、水替えを頻繁に行うことを考慮して600ワイドに決定しました。 個人的にスキマーは必修設備だと考えますのでオーバーフロー水槽です。
NON-PHO-TK01a.jpg


照明は中国製のMAXSPECT II 110Wを導入することに決めました。
LEDなら省エネで水温もあげないうえMAXSPECTはタイマーが内蔵されていて白球と青球の点灯と消灯をそれぞれ設定できるところが気に入りました。 それから球交換出来るところも嬉しいですね~
光量は鑑賞目的程度の明るさで良いので110Wタイプにしました。

 ただし、日本で正規輸入品を買うとPSE対策とやらで、やたらと高いので香港から個人輸入いたしました。
まぁ自己責任とやらで・・・

MAXSPECTはバージョン2から220-240V/50Hzと110V/60Hzの双方に対応したので輸入品でも西日本ならば全く問題無く使用できます。東日本の100V/50Hzに対応しているのかは良くわかりませんが、回路上で周波数変換しているようなので、たぶん大丈夫ではないかと思います。対応していないとタイマーの時間が日々ずれてくるとので使い物になりません。

照明スタンドは矢崎化工のイレクターを買ってきて組み立てました。だいたい3000円くらいで出来ます。

MAX2.jpg

MAX1.jpg

NON-PHO-TK01c.jpg


プロティーン・スキマーもこれまた中国製のアクア・エクセルAEミニ・コーンスキマーの導入を決めました。
何と90ドル!
同じく中国製のBUBBLE MAGUSのコーンスキマーにしようか散々悩みましたが、90ドル+電圧ダウンコンバーター7000円なので、どんなものなのか使ってみることにしました。220-240V/50Hzなので220→110Vのダウンコンバーターが必要になります。周波数を変換できないのが問題ですが、とりあえず使ってみることにしました。

結論から申しますと。。
始動が上手くできません。製品上の問題なのか周波数の問題なのかは不明ですが恐らく後者だと思います。
これは残念ながら選択ミスと言わざるを得ません。
ちょっと始動にコツがいりますが、一旦、動いてしまえば、安定してなかなか良い仕事してくれます。

しばらく使いますが、Bubble-Magus NAC7 110V/60Hzと入れ替え予定です。
110V/60Hz仕様のプロティーン・スキマーが香港のオンラインショップではの取り扱って無いので国内で販売しているものを購入予定です。 

NON-PHO-TK01b.jpg

さて、バイオペレットです!
勿論、今回の陰日サンゴ水槽でも導入いたします。
流動フィルターのメディアリアクターは楽天のcharmさんで販売している「ウェーバー」の導入を決めました。
揚水ポンプは水中ポンプでニュージェットNJ1700を使用しています。
「ウェーバー」をバイオペレット用に使うには多少改造が必要です。
あと、残念なことにアクリル接合部から滲むような水漏れがありました。 シリコンで修復して事なきをえましたが・・
それからメンテナンスがしやすいようにエーハイムホースとダブルタップを使ってみました。
やっぱりエーハイムは良くできている!!

Waver1.jpg

水流は「Ecotech Marine MP10 Vortech Propeller Pump」一基で運用しています。
増設できるタイプなので様子を見て増設するかもしれません。




飼育に関しては、まだまだ試行錯誤の状態ですが、現在は下記のような感じで運用しています。
せつかく苦労して餌をつかませたポリプから餌を横取りしちゃうようなエビや気の強い魚は一切入れません。
今のところ、魚はジョーフィッシュだけにしようかと思っています。


定期換水:70Lを週2回

給餌:1日2回
1)冷凍コペポーターか冷凍ワムシを海水に溶かして点滴しながら給餌
:TAKAさんのブログで紹介していた冷蔵庫の中でマグネチックスターラーで攪拌しながら、ドーシングポンプで点滴するのが理想型ですが、まぁそのうち。。(^^;)

2)イボヤギ及びキサンゴには生イカを細かく切り刻んだものをピンセットでひとつひとつ与えています。
 イカが無いときはクリルを海水で戻した後に透明の殻と背わたを取りのぞいたものを切り刻んだものをピンセットでひとつひとつ与えています。 イカもクリルもブライトウィル社のアミノオメガ数滴垂らして、しばらく漬けてから与えるようにしています。

ウチウラタコアシサンゴなどセンズガイ系給餌は一日置きに冷凍ホワイトシュリンプに海水とブライトウィル社のアミノオメガ数滴垂らしたものをスポイトで与えています。

あとは、時々、DT'sファイトプランクトンを投入しています。

やる気ポリプ(勝手にそうようんでいます)になると、触手に粘着力がでてきて餌を食べる気満々なので給餌もかなり楽になりますが、やる気スイッチが入るまでが中々大変でございます。。。
やる気ナッシングなサンゴくんには餌を半強制投与してますが、ぶへっと吐き出しちゃったり、食べてもなかなか、やる気スイッチが入ってくれない群体もありなかなか一筋縄には躾けられませんですね。。。

でも見事にポリプが咲いたときは本当に息をのむ美しさですね!
蛍光が入ったポリプはLEDブルーで鑑賞すると妖艶すぎます。やばいです!!
ポリプの色も千差万別で端楽しいですね。
口周辺がオレンジで触手が淡い黄色系(クリーム色?)のポリプを持つものが個人的には一番綺麗だと思うのですが、残念ながらなかなか入手出来ません。。

昼間でもガッツリとポリプが咲く状態に躾けたいですね~
まだまだ、全開にはほど通いですが。。

NON-PHO-TK01-01.jpg

NON-PHO-TK01-02.jpg

NON-PHO-TK01-03.jpg

NON-PHO-TK01-04.jpg

NON-PHO-TK01-05.jpg


NON-PHO-TK01-07.jpg

NON-PHO-TK01-08.jpg

NON-PHO-TK01-09.jpg

NON-PHO-TK01-10.jpg


コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> maxspect 輸入したいのですが教えてください! 価格、費用なども詳しく教えて頂きたいです 宜しくお願いします。

ブログで公開しちゃうと問題あるかもしれないので、メールで対応させていただきますね。
まとめたらメールさせていただきますので、しばらくお待ちください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Marcy432

Author:Marcy432
 リーフアクアリウム歴十数年になります。
サンゴの飼育技術は日進月歩なこともあり、まだまだ模索中であります。
 海外旅行に行ったとき、現地の水族館に行くのを楽しみにしています。動画や画像も紹介していきたいと思います。

個人的なブログですのでネットのルールは別として、個人的に不愉快と感じたコメントには対応、公開しない場合がありますので、事前にご了承ください。

最新記事
最新コメント
Twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

Tree-Comment
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。