スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンゴの粘液を再現するファウナマリン・ウルトラパック

ファウナマリンのウルトラパックを紹介したいと思います。
もともとファウナマリンをドイツから輸入しようという思いに達したのは、「ウルトラLPSグロー&カラー」と「ウルトラ・パック」がどうしても気になったからであります。

ウルトラ・パックはサンゴが捕食するときに分泌する粘液を再現してサンゴの給餌効率を高めるために開発されました。ファウナマリンの「ウルトラ・クラム」、「ウルトラ・シーファン」、「ウルトラ・ミンF」など粉末人工飼料、「ウルトラ・バック」、「ウルトラ・ミンS」などの液体人工飼料をブレンドしウルトラ・パックで粘液状に
するこでサンゴに絡めやすくなり また 水中で拡散しないので 給餌が困難なトサカやヤギ類にも効果的な給餌が実現します。
特に陰日性トサカの長期飼育にウルトラパックを使用すると成績が良いようです。 
陰日性トサカ用の餌の配合は「Danny'sレシピー」としてネットで紹介されています。

ファウナマリン以外の人工飼料や使い切ってしまうならばコペポーターなどの冷凍餌を混ぜてもOKです。
自分はPolyp LabのReef-Roidsを混ぜてます。

自分オリジナルのレシピーを研究するのも楽しいですょ。

さて・・

手順書です。

餌を混ぜずに、まずウルトラ・パックだけを飼育水と混ぜて人工粘液を作ります。
このとき注意点が二つ!

1)ウルトラ・パックを溶かすのに飼育水(海水)を使用すること
;RO水で混ぜると比重の関係で飼育水に入れると浮いてしまいます

2)飼育水にウルトラ・パックを少しずつ混ぜながら溶かすこと。
;逆にウルトラ・パックに飼育水を混ぜたり、飼育水にドカッと混ぜると ダマ状になって固まって使い物にならなくなります

いつでも使いやすいように人工粘液を ある程度作りおきしておいてもいいです。
粘液のトロトロ濃度の調整もサンゴによって色々と試してみてください。

人工粘液が出来たら お好みのサンゴ用人工飼料をブレンドして良くかき混ぜます。

あとはピペットで吸い上げてサンゴに絡めるように給餌したり、イボヤギやキサンゴなら口の所に乗せたりもできます。 ハナガササンゴなんかにも与えてみましたがイイ観じです。

ファウナマリンの日本代理店のMMC企画さんでも ぜひ取り扱って欲しい製品にひとつです。


スポンサーサイト
プロフィール

Marcy432

Author:Marcy432
 リーフアクアリウム歴十数年になります。
サンゴの飼育技術は日進月歩なこともあり、まだまだ模索中であります。
 海外旅行に行ったとき、現地の水族館に行くのを楽しみにしています。動画や画像も紹介していきたいと思います。

個人的なブログですのでネットのルールは別として、個人的に不愉快と感じたコメントには対応、公開しない場合がありますので、事前にご了承ください。

最新記事
最新コメント
Twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

Tree-Comment
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。