スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港

仕事で香港に行きました。

HK1-00.jpg

帰国日の日にフライトまでに時間があったので熱帯魚店街に足をのばしてみました。
地下鉄(九廣鐵路)の旺角で下車して徒歩3分くらいのところにある通菜街(トンチョイガイ)という通り沿いに観賞魚店がずらーと並んでいます。

HK1-01.jpg

HK1-02.jpg

最初、間違えて旺角道より南側の女人街のあたりを探してしまい大失敗です。女人街はナイトマーケットらしく昼間は怪しげなビニールテントが並ぶばかりの通りです。

正解は旺角道(モンコックロード)より北側の通菜街(トンチョイガイ)で北側太子道西(プリンスエドワードロードウェスト)まで通り沿いでした。

HK1-03.jpg

HK1-04.jpg

無脊椎や海水魚の生体はブームなのか比較的どの店舗でも取り扱っておりました。
逆に日本では運勢アップのパワーアイテムとして華僑に人気があるとされているアジアアロワナは殆どみられなかったことには驚きました。

海水魚もレアな魚はいなかったように思います。サンゴもほとんどがLPSとソフトコーラルでミドリシなどSPSは取り扱いがとても少なく、また置いてあっても状態の良いものはほとんど無かったです。

添加剤などはKENT Marineが多かったです。その他、Warner Marine、MarineTech、BrightWelなどが各店舗で多少取り扱っていところがあったていどです。

実は日本で入手出来ないFauna Marinのモノを買い込んでこようと思ったのですが思いっきり期待はずれでした・・

プロティーンスキマーとカルシウムリアクターはSKIMZ(シンガポール)とP&Pというブランドのものが多かったです。
あと、Schuran(ドイツ)も何軒か置いてありました。
沢山取り扱いがあるだろうと思われた中国製のBubble-Magusは2軒置いてあっただけだった。
同じく中国製LEDのMAXSPECTも全く取り扱いが無かったのは不思議ですね。。

結局、購買意欲にそそられて買ったのは、陰日性サンゴの給餌に便利そうなガラス製小型ピペットを二本でした。

HK1-05.jpg
大きな看板はあるけど、ほとんど売っていないアジアアロワナ

HK1-06.jpg
金魚の吊し売り

HK1-07.jpg
用品も山積み

HK1-08.jpg
アクリル専門店も何軒かあった

HK1-09.jpg
この二軒は海水生体の取り扱いが多かった。

HK1-11.jpg
Marine City

HK1-10.jpg
水族世界香港有限公司
キサンゴなどの陰日性サンゴのストックが充実しれいた!ちょっと萌え~
添加剤はGrowTechの取り扱いに力を入れていた。

HK1-12.jpg

HK1-13.jpg
この店だけはミドリイシの色や調子が比較的良かった。
また唯一BrightWelの添加剤とBubble-Magusのスキマーを扱っていた。

pippets.jpg
購入したピペット 短い方が10HK$(約\120)、長い方が12HK$(約\140)
さっそく陰日性サンゴの給餌に愛用しています。

スポンサーサイト
プロフィール

Marcy432

Author:Marcy432
 リーフアクアリウム歴十数年になります。
サンゴの飼育技術は日進月歩なこともあり、まだまだ模索中であります。
 海外旅行に行ったとき、現地の水族館に行くのを楽しみにしています。動画や画像も紹介していきたいと思います。

個人的なブログですのでネットのルールは別として、個人的に不愉快と感じたコメントには対応、公開しない場合がありますので、事前にご了承ください。

最新記事
最新コメント
Twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

Tree-Comment
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。