スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココス・ピグミー

ココス・ピグミーエンゼル フィッシュ
Centropyge joculator Smith-Vaniz & Randall, 1974



メイン水槽に導入しちゃいました。
餌食いも良く飼いやすいケントロです。

Cocospigmy1.jpg
スポンサーサイト

蛍光イエローのヘラジカハナヤサイサンゴ

ヘラジカハナヤサイサンゴ
Pocillopora eydouxi


ここまで蛍光イエローのSPSは始めてみました。
着色ではないかと疑いたくなるほど。。。



herajika-Y01.jpg


LEDブルー球でも妖しく光ります。

herajika-Y02.jpg

Acropora formosaのパステル変化

今年2月にバイオペレットをNP BioPelletsからPhosBallsに代えメディアリアクターをVertexからReef OctopusバイオペレットリアクターBP-3000に変更してから3ヶ月。
スギノキミドリイシがパステル化しました。

GB_EDA1_110221-1.jpg
2011年2月22日撮影
この濃いグリーンに先端ピグメンション水色の感じが気に入っていて購入したのですが。。

現在は下記の写真のようにパステル調のアイス・グリーン&アイス・ブルーのグラデーションカラーになってしまいした。 まぁ これはこれで気に入りました。


GB_EDA1_110427-1.jpg
あたりまえですが、共生してるカニくんはパステル化しません (^^ ;)

GB_EDA1_110427-2.jpg


GB_EDA1_110427-3.jpg


1999年1月に水槽立ち上げ時より飼いこんでいるパープルタンです。
当然、大御所の彼は我がモノ顔で颯爽と泳いでおり、新人が入ると必ず挨拶回りに参上します。
過去十年、いろいろな事件、事故が水槽内で起こりましたが、生き抜いてきた強者であります。

Ptang010707.jpg
2001年7月7日撮影

Ptang110427-1.jpg
現在

Ptang110427-2.jpg
現在

当時から未だに生き続けている生体は、このパープルタンとアカミシキリというナマコだけです。

NAMAKO.jpg

漆黒のナンヨウキサンゴ

和名:ナンヨウキサンゴ
学名:Dendrophyllia micarantha


ナンヨウキサンゴのカラーバリエーションは薄いグリーンと黒くみえる濃いグリーンのタイプがある。

また、ブラックタイプでは通常のイボヤギのような被服群生タイプと樹枝状の群生タイプがある。

黒い共肉にミドリのポリプがなかなか独特でなかなかいいですょ


ナンヨウキサンゴ・ブラック・エダ01
ナンヨウキサンゴ・ブラック・エダ02



プロフィール

Marcy432

Author:Marcy432
 リーフアクアリウム歴十数年になります。
サンゴの飼育技術は日進月歩なこともあり、まだまだ模索中であります。
 海外旅行に行ったとき、現地の水族館に行くのを楽しみにしています。動画や画像も紹介していきたいと思います。

個人的なブログですのでネットのルールは別として、個人的に不愉快と感じたコメントには対応、公開しない場合がありますので、事前にご了承ください。

最新記事
最新コメント
Twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

Tree-Comment
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。